設備紹介 equipment

(株)関東古紙商事 工場

敷地面積約700坪にわたる本社工場兼古紙ストックヤード。
一日100トン以上の処理が可能です。

古紙 プレス品 ストックヤード

古紙 プレス品 ストックヤード

約300坪の完成品の置場です。
約2,500トンの古紙プレス品をストックすることができます。

古紙 荷降ろし

古紙 荷降ろし

回収業者、自社ルート回収車両が古紙ヤードに入り、荷降ろしを行ないます。
2~3トンの古紙を数分で降ろし、折り返し、回収に向かいます。

選別 紐取りライン 投入口

選別 紐取りライン 投入口

回収してきた古紙を紐取り選別機に流すための投入口です。

古紙選別ライン

古紙選別ライン

紐取り選別ラインでの選別作業紐取りは自動で行なわれます。
新聞・雑誌・段ボール・プラスチック類などに種分されます。

プレス機 投入口

プレス機 投入口

選別作業により異物を取り除かれ、プレス梱包機へと投入されます。

プレス機 投入口

完成品 取り出し口

プレスされた古紙が、完成品として送り出されてきます。

出荷待ち 一時ストック

出荷待ち 一時ストック

プレスした古紙を出荷するまでの間、一時ストックをします。

出荷の様子

出荷の様子

プレスされた古紙は、国内大手製紙メーカーへと出荷されます。

輸出コンテナ積み込み用スロープ

輸出コンテナ積み込み用スロープ

当社では、国内だけではなく海外への輸出も行なっています。
中国をはじめ、東南アジア各国に輸出。
コンテナに古紙を積み込む際にスロープを使用し、特殊フォークリフトで積み込みます。

輸出コンテナ積み込み用スロープ

輸出コンテナ積み込み用スロープ

実際にフォークリフトが登っている様子です。